産科

帝王切開について

経験豊富な医師が適切に判断します

帝王切開には色々な原因がありますが、大きくはお母さん、赤ちゃん、胎盤の3つに分けられます。

お母さんが原因となるのは、膠原病や妊娠高血圧症候群などの合併症をもっている場合で母体の健康を考えて早くお産を終えるのが目的です。

赤ちゃんが原因の場合は、羊水感染や胎児仮死など、一刻も早く赤ちゃんを取り出す必要があります。両方にあてはまるのが「児頭骨盤不均衡」といってお母さんの骨盤に比べて赤ちゃんの頭が大きすぎる時も帝王切開になります。

胎盤が原因となるのは、子宮の下側に胎盤がついており赤ちゃんが出られない「前置胎盤」分娩より先に先にはがれてしまう「常位胎盤早期剥離」などがあります。

PAGE TOP